腰痛

腰痛の種類

  • 慢性の腰痛
  • 急性の腰痛(ぎっくり腰)
  • 腰部椎間板の問題
  • 内臓起因の腰痛

などがあります。



慢性の腰痛

慢性の腰痛は、症状の出方でその性質が違いますので、それぞれのタイプの応じた施術が必要になります。「動くと痛みが出る」「同じ姿勢をしていると痛くなる」「姿勢を変える時に痛くなる」など、これらのパターンが複合して腰痛が起こっている場合がほとんどです。

 

 

慢性の腰痛(動くと痛みが出る)

よくあるのが、特定の動きをすると痛みが出る腰痛です。痛みの原因として、関節に歪みがあり(位置が悪く)動く時に正しく関節が動かないので、出てしまうパターンです。

腰痛の場合では、腰椎や骨盤の歪みが考えられます。筋肉が上手く伸び縮み出来ない状態でも動かす時に痛みが出ます。筋肉の炎症筋組織の損傷靭帯の損傷筋肉の過緊張などが考えられます。

 

 

慢性の腰痛(同じ姿勢をしていると痛みが出る)

体を動かしている時には余り痛みが出ず、同じ姿勢を続けていると、鈍痛のような痛みが腰や骨盤周辺に出たり坐骨神経痛のように、お尻から太ももに掛けて”痺れ”や”突っ張り感”が出たりします。

これは体を動かしている時には、筋肉の作用で循環が何とか助けられていますが、動かないと筋肉のポンプ作用がなくなり、腰や骨盤周辺の循環が悪くなり痛みが出ます原因は、疲労による内臓下垂や、体幹の歪みが強くなることから起こっていることが多いです。

 

 

慢性の腰痛(姿勢を変える時に痛みが出る)

この状態は、同じ姿勢でしばらくいて、姿勢を変えて動く時に痛みが出ます。そして、動いていると痛みがなくなって行きます。このタイプの腰痛は、「同じ姿勢でいると痛みが出る腰痛」と原因が同じ場合が多いです。

 

状態がひどくなると「最初は姿勢を変える時だけに痛んでいたのですが、最近はじっとしていても痛みが出るようになった」と言われます。このように症状が「姿勢を変える時だけ痛む」パターンから「同じ姿勢でいても痛む」パターンに悪化して移行することが多く、悪化する前の段階に施術できるかどうかが、症状からの早い回復には、重要となってきます。

 

 

これらの症状が複合しているほど、症状改善には時間がかかります。軽い腰痛でも、長期間続いている場合は、”加齢””外傷””生活環境の変化”急に悪化する時があり、症状の程度が軽い場合でも、長い期間続いている場合は、早めの施術をお勧めします。


急性の腰痛(ぎっくり腰)

急性の腰痛は筋肉を損傷してその部分に炎症が起こり、急性症状が出る場合」「骨と骨とを繋ぎ止めている、靭帯が傷ついて炎症を起こし症状が出る場合」があります。

 

損傷を起こしやすい筋肉は大腰筋腸骨筋などのインナーマッスル特にぎっくり腰で痛め易い筋肉です。この筋肉は、腰を安定させる為に一番働きの大きい筋肉。大腰筋や腸骨筋が損傷し炎症が起きると、ぎっくり腰だけではなく、様々な腰痛の原因となってしまいます。

 

その他、腰方形筋脊柱起立筋などの背中側にあり骨盤や背骨を後ろから支えたり、腰や背中を伸ばす時に働く筋肉も損傷を起こしやすいです。

 

  

こんな動作で… は、大腰筋や腸骨筋が関係しています!

  • 腰を曲げてから体を起こす時
  • 腰をかがめてから体を起こす時
  • 腰を少し曲げた状態で掃除機かけていて伸ばす時
  • 洗顔して顔を上げる時
  • 下にある物を持ち上げる時(特に思いがけず軽い物)
  • 座っていて(しゃがんでから)立ち上がる時

こんな動作で… は、腰方形筋や脊柱起立筋が関係してます!

  • 座る(しゃがむ)時
  • くしゃみや咳こんだ時
  • 体の力を抜いてリラックスした時
  • 少し離れた所にある物を取ろうとした時

 

 

注1.動けないぐらいの激しい痛みの場合は、無理に動くと炎症を酷くさせる恐れがあり、アイシングをしながら安静にして、自力で動けるようになってから、来院される方が、回復は早くなります。

注2.急性腰痛には内臓問題(大動脈の損傷など)でも似た症状があるので、激しい夜の痛み姿勢を変えても変化のない強い痛みがあるなど、動脈硬化血圧が高いなどの問題ある人は注意が必要です。

 

 

椎間板や背骨の問題

椎間板は、背骨と背骨の間にあるクッションの役割をしている組織です。その構造は、中心にある”ゼリー状の核”を”外側の繊維”がしっかりと包んでいます。この外側の繊維が損傷して、中の核が外に出て神経を圧迫することで、痛みや痺れなどの問題が起こります。

 

腰の椎間板ヘルニアは、第4腰椎(下から2番目の骨)~第5腰椎間(腰椎の一番下の骨)、第5腰椎~仙骨(腰椎を受ける骨盤の後ろの骨)の間で起こる場合がもっとも多く、首では、第5~第6、第6~第7頚椎間で、多く起こります(首の骨は7つあります)。

よくある症状は「坐骨神経の痛み」「臀部から下肢の痺れや痛み、感覚の異常」などです。

 

 

椎間板や背骨の問題への施術について

椎間板の問題は、無症状性のものも多く確認されていて、あるからと言ってすぐに症状には結びつくわけではありません。

 

問題部分に、何らかの要因で、炎症がおこってはじめて症状が出ます実際には坐骨神経の痛みなどの症状を伴っている場合がほとんどです)

 

施術は直接、椎間板に働きかけるのではなく、全体からバランスを安定させ、体の歪みや背骨の歪み(背骨にかかるテンションなど)を取り除いていくことで、椎間板や背骨にかかっている負担を、間接的に解除して、炎症などが自然に落ち着くようにして行きます。

 

 

内臓起因の腰痛

内臓は背中の内側にある後壁膜の斜めにぶら下がるように付いている者が多く、

横隔膜より下の臓器が内蔵下垂を起こすと、背中の内側を引っ張るような状態になります。

 

そして下がった臓器は、骨盤の上と下腹部の前側に乗るような状態になり、背骨や腰椎も前方に引っ張られます。

 

 

下垂した臓器は、下腹部や骨盤を支える筋肉、臀部筋肉群、腸腰筋、腹筋に負担を掛け、筋肉を傷める原因に。内臓が下垂する時はどちらかに偏るので、骨盤の歪みや引っ張られた背骨や腰椎の歪みを招きます(女性であれば「子宮」や「卵巣」に負担をかける場合も)

 

また、下垂した臓器は骨盤内の臓器や血管を圧迫。循環の妨げとなり、下半身の循環に問題が起きたり、下半身太りや下腹部の膨張(ぽっこりお腹)の原因になります実は内臓下垂は、腰痛だけではなく「足の冷え」や「むくみ」などにも関係していることも多く、内臓下垂がなくなると、腰痛はもちろん、冷えやむくみ、生理痛などが改善することも多いです)

 

※夜間に出る痛みや、姿勢を変えても痛みに変化のない腰痛、自分の意思でトイレをコントロールできないなどがある場合は、早急に専門機関へ行く事が大切です。