左右の腕の付け根の痛み(阿波市 30代 女性 事務)

来院までの経緯

1週間前に、ベッドで肘をついてスマートフォンを触っていると、徐々に左右の腕の付け根が痛み出しみたいです。

 

2日前から痛みが強くなってきたようで、「このままでは仕事に支障がでるかも…」と思い、前日に、電話で予約をされ、お仕事の帰りに来院されました。

 

 

初回の状態と検査をして分かったこと

腕の付け根の痛みは左右にあり、特に痛いのは左腕の付け根ということです。動きの検査で肩を前後に回してもらうと同じ個所が痛みます(特に左が強い)。体幹も首も右にネジレ、固定された状態でした。

 

どうも、うつ伏せの状態で、ベッドに両肘を着き、右方向に目線と体をネジった状態で、スマートフォンを長時間みていたので、そのまま、体のネジレが固定されたようでした(右方向に目線と体をネジった状態では、左の肘に体重がかかりますので、それを支える左脇の筋肉が、特に強く緊張し痛んでいた状態です)。

 

 

施術の経過

1回目の施術で、左へ重心の傾きが強く、左足から体幹部と首のネジレとの繋がりが偏っていましたので、まずは左足首の調整から初めました。左足首を調整し肩を回してもらうと「あれ?痛みが少なくなってる?」という反応に。

 

その後、いつものように前と後ろから、土台を整える施術をして、最後に内臓系の調整もしました。終了後、腕を回してもらうと「あっ!痛くないです!うわっ軽っ?!」という結果になり、症状もなくなってしまいましたので、計1回で施術を終了しました。

 

 

まとめ

悪い姿勢で長時間、スマートフォンを見ていると、その悪い姿勢が癖になりやすいです。それは、小さい画面と眼との距離感が一定化し、眼を放しにくくなるからです。最近、スマートフォンに夢中になっている方を見かけますが、皆さん画面との距離を前にかがめるように、姿勢を一定にして集中しています。

 

この方の場合、就寝前にベッドで体をネジってスマートフォンに集中して、腕で体を支え続けることで、同じ筋肉に負担が強くかかっていたようです。今回は症状がでてから早い段階での来院でしたので、体のネジレを取るだけで痛みがなくなってしまいましたが、同じことを繰り返さないように、アドバイスさせてもらいました。

 

長時間、スマートフォンを使う時には姿勢に気を付けて、眼が疲れたら一旦、画面から眼を離し、休息を取ることが必要ですね。

営業時間

*勉強会参加などで臨時のお休みを頂いている時があります。サイドバーの営業カレンダーをご確認ください。

 

 

当院へのご案内

 

詳しい地図/アクセス方法はこちら⇒「地図/アクセス方法」

 

 

お問い合わせ

 

お問い合わせとご予約方法の詳しくはこちら⇒「お問い合わせ」